コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居延海 きょえんかい Jū yán hǎi

1件 の用語解説(居延海の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょえんかい【居延海 Jū yán hǎi】

中国,内モンゴル自治区西部,高原上の砂漠にある塩湖。別名ガシュン・ノール(嘎順諾爾)。南の祁連(きれん)山脈に発した弱水は,北流して東河(納林河)と西河(木林河)に分流するが,後者によってできた湖である。乾燥気候による河川流量の変動のため,その面積も変わる。この地は,古く北方民族に対する要地で,漢代の見張り台跡もある。なお,東河はソコ・ノール(蘇古諾爾)を形成する。【小野 菊雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

居延海の関連キーワード帰綏ゴビ砂漠ソロン寧夏回族自治区モンゴル文字内モンゴル自治区鄂爾多斯海拉爾包頭蒙疆

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone