屈継・屈系(読み)くっけい

精選版 日本国語大辞典「屈継・屈系」の解説

くっ‐けい【屈継・屈系】

〘名〙 (よろい)の部分の名。射向(いむけ)脇壺(わきつぼ)衡胴(かぶきどう)上縁の脇(わきいた)の当たる部分という。
※京師本保元(1220頃か)上「くっけい・弦切・弦走り・障子の板・脇立ての上、ここを射よとむちのさきにてうちたたいて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android