コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈輪/倶利 グリ

大辞林 第三版の解説

ぐり【屈輪】

わらび形の渦巻文を連続させた文様。堆朱ついしゆ・堆黒ついこく、寺院建築の意匠として用いる。ぐりん。ぐりぐり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の屈輪/倶利の言及

【彫漆】より

…技法は,素地の表面に漆を数十~100回あまり塗り重ねて適当な厚さにした漆層に刀で文様を浮彫状に表したもの。漆の色や文様の違いによって,堆朱(ついしゆ),堆黒,堆黄,屈輪(ぐり),彫彩漆(紅花緑葉)などの名称で呼ばれる。これらは元来中国で盛んに行われたもので,中国では堆朱を剔紅(てきこう),堆黒を剔黒,堆黄を剔黄,紅花緑葉を剔彩ともいう。…

※「屈輪/倶利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屈輪/倶利の関連キーワード屈輪屈輪渦巻文屈輪玉鎌倉彫漆絵彫漆意匠堆朱堆黒

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android