禅宗寺院建築(読み)ぜんしゅうじいんけんちく

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんしゅうじいんけんちく【禅宗寺院建築】

栄西は禅宗を宋から伝え,新しく博多聖福寺(1195∥建久6),鎌倉寿福寺(1199∥正治1),京都建仁寺(1202∥建仁2)を創立した。これらは伽藍配置建築の一部に宋様式を伝えたとみられるが,寺の教派密教などを兼ね,純粋な禅宗寺院とすることを避けていた。その後,京都東福寺が弁円により1236‐73年(嘉禎2‐文永10)に,鎌倉建長寺が宋僧蘭渓道隆により1248‐50年(宝治2‐建長2)に建立されると,禅宗寺院は宋様式を模すことが正式になった(宋代美術)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の禅宗寺院建築の言及

【鎌倉時代美術】より

…栄西以降,禅を学ぶ入宋僧があいつぎ,中国人禅僧の来日も増えた。中期(14世紀半ば)には,鎌倉に建長寺,円覚寺,京都に東福寺,南禅寺が創建され,中国禅寺の風を模倣した伽藍が出現した(禅宗寺院建築)。禅寺特有の伽藍の構成と建築の様式は宋代中国の建築に範をとった技術と意匠からなり,これは禅宗様(唐様)と呼ばれた。…

【寺院建築】より

…大建築の場合だけ当初の天竺様に近い形式を用いた。 禅宗は思想,芸術,生活様式の総合体系として移入され,寺院の環境として南宋の五山のような境地を実現することが重視されたので,伽藍配置や建築構造と細部の表現が後までよく守られ,かつ日本的な精緻なものに消化され再形成された(禅宗寺院建築)。配置は古代伽藍の中軸線を重視する方式に帰り,中心の仏殿は,外観は重層に見え,柱が高く内部空間も見上げるような高さを志向する。…

※「禅宗寺院建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android