漆塗(り)(読み)ウルシヌリ

精選版 日本国語大辞典の解説

うるし‐ぬり【漆塗】

〘名〙
① 漆で器物を塗ること。また、その器物。うるしざいく。
※書紀(720)天武一一年六月(北野本訓)「男夫始めて髪を結(あ)げ、仍りて漆(ウルシヌリ)の紗(うすはた)の冠(かぶり)を著す」
② 漆を塗ることを職業とする人。
※宇治拾遺(1221頃)九「漆のあたひの程は、先づ得て、薄(はく)もきせ漆ぬりにもとらせん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android