堆黒(読み)ツイコク

大辞林 第三版の解説

ついこく【堆黒】

彫漆ちようしつの一。堆朱ついしゆと同じ技法であるが、黒漆を用いたもの。中国の剔黒てつこくにあたる。堆烏ついう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つい‐こく【堆黒】

〘名〙 漆芸の技法の一つ。彫漆の一種。黒漆を厚く塗り重ねて文様を彫り表わしたもの。中国の剔黒(てっこく)に当たる。堆烏(ついう)
※春城随筆(1926)〈市島春城〉趣味談叢「黒の漆で作った同じものを堆黒といふ、或はグリというてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の堆黒の言及

【彫漆】より

…技法は,素地の表面に漆を数十~100回あまり塗り重ねて適当な厚さにした漆層に刀で文様を浮彫状に表したもの。漆の色や文様の違いによって,堆朱(ついしゆ),堆黒,堆黄,屈輪(ぐり),彫彩漆(紅花緑葉)などの名称で呼ばれる。これらは元来中国で盛んに行われたもので,中国では堆朱を剔紅(てきこう),堆黒を剔黒,堆黄を剔黄,紅花緑葉を剔彩ともいう。…

※「堆黒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android