コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋根板 ヤネイタ

デジタル大辞泉の解説

やね‐いた【屋根板】

屋根を葺(ふ)くのに用いる板の総称。葺(ふ)き下地となる野地板・杮板(こけらいた)など。サワラ・杉などの木材を薄く割ったもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やねいた【屋根板】

屋根を葺くために用いる板。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の屋根板の言及

【榑木】より

…おもに上質のヒノキ大樹から割り出す材種であるが,榑木の用途,形態は必ずしも一様でない。791年(延暦10)当時の榑木は長さ1丈2尺,幅6寸,厚さ4寸と公定され,建築材としては壁柱に主用されたほか,公私交易の料にも供されたが,おいおい板ぶき屋根の住宅が普及するにしたがい,屋根板向き榑木の需要がさかんになる。そのような榑木の要求されるころには,それまでの乱伐によって畿内近国の山林の荒廃がはなはだしくなり,榑木の供給は中部地方の未開発林に期待するほかなかったので,中世末以降は木曾山,伊那山,飛驒山が榑木の主産地となった。…

【タラ(鱈)】より

…白子,つまり,精巣はわん種や煮つけにするが,これは古くから〈雲腸(くもわた)〉と呼ばれて珍重された。塩干品の干ダラは手ごろの大きさに切って何枚か重ね,柿(こけら)板に見たてて〈屋根板〉という蔑称,ないしは卑称も行われたが,室町期には貴人饗応の献立に名を連ねている。棒ダラの料理では〈芋棒(いもぼう)〉が名高い。…

※「屋根板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋根板の関連情報