大板(読み)オオイタ

大辞林 第三版の解説

おおいた【大板】

大きな板。
茶道で用いる敷き板の一種。普通、小風炉をとり合わせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐いた おほ‥【大板】

〘名〙
① 大きな板。
※歌舞伎・奴凧廓春風(1893)「それにお前さん方の羽子板は、大板(オホイタ)でござりますから、一倍重うござりませう」
② 点茶のときに茶道具を飾りつける板の一種。小風炉を取り合わせるのがふつう。寸法は一辺が一尺四寸四分(約四三センチメートル)。台子の板幅を四角にしたもの。
※南方録(17C後)棚「小板には大風炉、大板には小風炉を置也。小板には別に置物なし。大板には色々奥に〈略〉置」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android