山上の説教(読み)さんじょうのせっきょう

大辞林 第三版の解説

さんじょうのせっきょう【山上の説教】

新約聖書マタイ福音書五~七章(ルカ福音書六章)に編集的意図をもって集成されたイエスの説教。愛敵の教えをはじめ、厳格な宗教倫理などが語られている。当時のユダヤ教の律法が外面的であるのに対して、徹底的に内面化したイエスの新律法が提示されている。山上の垂訓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山上の説教の言及

【山上の垂訓】より

…〈山上の説教〉ともいう。《マタイによる福音書》5~7章の通称で,この部分は5章1節と8章1節の状況説明によって,〈山上で〉語られたイエスの説教とされているためこう呼ばれる。…

※「山上の説教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android