山上正義(読み)やまがみ まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山上正義 やまがみ-まさよし

1896-1938 昭和時代前期のジャーナリスト。
明治29年7月10日生まれ。大正10年暁民共産党事件で検挙される。14年ごろ上海へわたり,新聞連合社特派員となる。魯迅(ろじん)らとまじわり,中国情勢を報道し,また戯曲を発表。昭和11年日本電報通信社と合併して誕生した同盟通信社の外報局発信部長となった。昭和13年12月14日死去。43歳。鹿児島県出身。鹿児島高農卒。筆名は林守仁。訳書に「阿Q正伝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android