入信(読み)ニュウシン

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐しん〔ニフ‐〕【入信】

[名](スル)宗教を信仰し、その信者になること。「カトリックに入信する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうしん【入信】

( 名 ) スル
信仰の道にはいること。また、ある特定の教団の教えに従い、信者としてその教団に所属すること。 「キリスト教に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐しん ニフ‥【入信】

〘名〙 信仰の道にはいること。ある宗教の信者となること。
※妙好人伝(1842‐52)初「その入信(ニフシン)の始をたづぬるに毎日山にいり樵夫(きこり)の業をなすに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入信の関連情報