山下 栄二(読み)ヤマシタ エイジ

20世紀日本人名事典の解説

山下 栄二
ヤマシタ エイジ

大正・昭和期の労働運動家 元・衆院議員(民社党)。



生年
明治34(1901)年10月14日

没年
平成2(1990)年1月9日

出生地
鹿児島県姶良郡西襲山村(現・隼人町)

学歴〔年〕
高等小学校卒

主な受賞名〔年〕
勲二等旭日重光章〔昭和46年〕

経歴
肥料問屋に奉公していたが、大正9年尼崎の久保田鉄工場に鋳物臨時工として入り、翌年の争議をきっかけに労働運動に入る。昭和3年の3.15事件では検挙されたが、不起訴となる。同年、社会民衆党から尼崎市議に当選。総同盟の幹部として労働運動を指導。また11年には兵庫県議となる。戦後社会党に入り、21年から衆院議員を8期つとめるが、35年民主社会党に転じた。なお、31年定年退職するまで久保田鉄工所に勤務し、のち顧問を経て、社友となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

山下 栄二
ヤマシタ エイジ


肩書
元・衆院議員(民社党)

生年月日
明治34年10月14日

出生地
鹿児島県姶良郡西襲山村(現・隼人町)

学歴
高等小学校卒

経歴
肥料問屋に奉公していたが、大正9年尼崎の久保田鉄工場に鋳物臨時工として入り、翌年の争議をきっかけに労働運動に入る。昭和3年の3.15事件では検挙されたが、不起訴となる。同年、社会民衆党から尼崎市議に当選。総同盟の幹部として労働運動を指導。また11年には兵庫県議となる。戦後社会党に入り、21年から衆院議員を8期つとめるが、35年民主社会党に転じた。なお、31年定年退職するまで久保田鉄工所に勤務し、のち顧問を経て、社友となる。

受賞
勲二等旭日重光章〔昭和46年〕

没年月日
平成2年1月9日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android