山下勝治(読み)やました かつじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下勝治 やました-かつじ

1906-1969 昭和時代の会計学者。
明治39年5月12日生まれ。彦根高商教授などをへて昭和19年母校神戸商業大の後身神戸経済大(現神戸大)教授となり,経営学部長をつとめた。山下会計学とよばれる会計理論を確立した。昭和44年12月5日死去。63歳。岡山県出身。著作に「財務諸表原則論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android