コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内作左衛門 やまのうち さくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内作左衛門 やまのうち-さくざえもん

1836-1886 幕末-明治時代の武士,実業家。
天保(てんぽう)7年7月21日生まれ。山内提雲の兄。幕臣。慶応元年遣露留学生の目付役としてロシアにわたる。4年新選組に助力,新政府軍に捕らえられ投獄された。のち神奈川で薬舗賛化堂,ついで東京日本橋で資生堂をひらき陸軍御用の薬種商として成功した。明治19年3月12日死去。51歳。江戸出身。名は信恭。著作に「魯西亜(ロシア)事情」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内作左衛門の関連キーワード明治時代実業家天保

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android