山内作左衛門(読み)やまのうち さくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内作左衛門 やまのうち-さくざえもん

1836-1886 幕末-明治時代の武士,実業家。
天保(てんぽう)7年7月21日生まれ。山内提雲の兄。幕臣。慶応元年遣露留学生の目付役としてロシアにわたる。4年新選組に助力,新政府軍に捕らえられ投獄された。のち神奈川で薬舗賛化堂,ついで東京日本橋で資生堂をひらき陸軍御用の薬種商として成功した。明治19年3月12日死去。51歳。江戸出身。名は信恭。著作に「魯西亜(ロシア)事情」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android