コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天保の飢饉 てんぽうのききん

6件 の用語解説(天保の飢饉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天保の飢饉
てんぽうのききん

天保4 (1833) 年から同7年にかけての全国的飢饉。享保,天明と合せて江戸時代の三大飢饉と称されている。同4年,関東,奥羽地方は大風雨,洪水,冷害に見舞われ作柄は全国平均3~7分作となり,同5~6年も全国的に不作,同7年も天候不順で3~4分作となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんぽう‐の‐ききん【天保の飢饉】

天保4~7年(1833~36)にかけての全国的な大飢饉。異常低温による大凶作となり、米価が高騰して餓死者が続出。各地に一揆打ち壊しが発生し、江戸幕府の体制的危機を促した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天保の飢饉【てんぽうのききん】

1833年―1836年(天保4年―7年),長雨・洪水・冷害によって全国的に起こった大飢饉。1836年の大凶作で農村は荒廃,都市の米価は暴騰,1837年には大塩の乱など各地に一揆(いっき)・打毀(うちこわし)が起こった。
→関連項目生田万大塩平八郎享保の飢饉高野長英天保改革

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てんぽうのききん【天保の飢饉】

江戸時代の代表的飢饉の一つ。1833年(天保4)と35‐36年の大凶作を頂点として,7ヵ年に及んだ冷害型の不作により生じた。33年には奥州は3分作以下収穫皆無の所もあり,東海道は7分作といわれ,関東,東北が主であったが,36‐37年には北陸,九州,四国を除く全国的規模のものとなった。ほぼ50年前の天明の飢饉と同様に餓死,疫病死,流亡などの惨状を呈したが,やや異なるのは天明の飢饉が比較的短期間に集中して死者や被害を出しているのに対し,長期間にわたり慢性的な状況を呈したことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんぽうのききん【天保の飢饉】

1833年から36年の全国的な大飢饉。米価の騰貴、農村の荒廃ははなはだしく、各地で一揆・打ちこわしが続発し、37年大塩平八郎の乱が起き幕府の動揺が深まった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天保の飢饉
てんぽうのききん

1833~37年(天保4~8)に起こった大飢饉。享保(きょうほう)、天明(てんめい)の飢饉と並ぶ江戸時代三大飢饉の一つ。1833年春から夏にかけ、西国を除く各地が冷害にみまわれた。このため東北・北関東地方で極端な不作となり大飢饉となった。米価は高騰し、村の貧農や、都市貧民の生活を圧迫した。幕府や諸藩は御救い小屋を設けたりして救済に努めたが、それでも膨大な餓死者や病人を出した。また商人らの米価つり上げに対して、値下げを求める一揆(いっき)や打毀(うちこわし)が各地で続発した。そのため、諸藩では米穀の領外搬出を禁止したりして飯米確保に努め、秋田・南部藩などは、加賀・越後(えちご)などから米を買い入れて一揆の再発防止に努めた。
 1834年と35年の夏は、比較的天候に恵まれたが、餓死者と病人による労働力減少などで、生産が回復しなかったところに、36年ふたたび冷害にみまわれ大凶作となり、米価が暴騰した。しかも、都市で食糧品以外の購買力が減退したので、特産物生産地などでは、米価暴騰と生産減という二重の不況となり、人々を苦境に陥れた。このため、各地の都市と農村で打毀が続発した。とくに甲斐(かい)(甲州一揆)や三河(加茂(かも)一揆)では大騒動に発展し、「世直し」を求めるに至ったので、武士のなかから幕藩の政策を批判する者が出た。とりわけ1837年の大塩平八郎の乱は、同年のモリソン号事件とあわせて幕藩権力を動揺させ、天保(てんぽう)の改革の契機となった。[青木美智男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天保の飢饉の言及

【七分積金】より

…これらの囲籾は毎年一部ずつ更新され,米価調整の機能をも併せて担うことになった。江戸町会所の社倉としての性格が最もよく示されたのは,1833‐37年(天保4‐8)天保の飢饉時と,幕末の物価騰貴を伴う政治的危機の時期等である。これらの時期には,籾蔵の大量の囲籾が放出され,銭貨とともに下層民衆に与えられるというかたちの救済が繰り返された。…

【矢部定謙】より

…左近将監,駿河守。堺奉行を経て1833年(天保4)大坂町奉行となり,天保の飢饉にさいして元与力大塩平八郎の意見をいれ,米価を調節し窮民の救済に当たり功績を挙げた。その後,庄内藩,長岡藩,川越藩の三方領知替の際には庄内領民の反対運動を取り上げて再審の上書を提出した。…

※「天保の飢饉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天保の飢饉の関連キーワード過怠牢天明の飢饉同仁斎化政度貫代代表的友野霞舟ホルスタイン乳牛対応時間の法則久保木貞幸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天保の飢饉の関連情報