コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内首藤通忠 やまのうちすどう みちただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内首藤通忠 やまのうちすどう-みちただ

?-? 南北朝-室町時代の武将。
山内首藤通時の子。山内首藤時通の養子,ついで兄通継(みちつぐ)の養子となり,貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年(1365)備後(びんご)(広島県)地毗(じびの)荘,摂津富島荘(大阪府),信濃(しなの)(長野県)下平田郷などの地頭職(しき)をつぐ。幼名は松若丸。通称は刑部四郎。法名は通源昌深。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山内首藤通忠の関連キーワード山内首藤煕通

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android