コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山原水鶏 ヤンバルクイナ

デジタル大辞泉の解説

やんばる‐くいな〔‐くひな〕【原水鶏】

クイナ科の鳥。全長約30センチ。顔は黒く、上面は緑褐色、下面は黒と白の横縞模様で、くちばしと脚が赤い。飛翔力はほとんどない。沖縄本島北部の山林にすむ特産種。昭和56年(1981)新種として記載。天然記念物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やんばるくいな【山原水鶏】

ツル目クイナ科の鳥。全長30センチメートルほど。背面は暗緑褐色、腹面は黒と白の横縞模様。嘴くちばしと脚が赤い。無飛力と考えられている。1981年(昭和56)に発見。沖縄島北部の固有種で、絶滅危惧種とされる。天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山原水鶏の関連キーワード絶滅危惧種固有種腹面背面

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android