コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那覇岳 よなはだけ

3件 の用語解説(与那覇岳の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕与那覇岳(よなはだけ)


沖縄本島北部を占める国頭(くにがみ)山地の主峰。標高503mで沖縄本島の最高峰沖縄海岸国定公園に属す。動植物の宝庫で、天然保護区域に指定。世界的珍鳥で特別天然記念物のノグチゲラ、天然記念物のヤンバルクイナほかが生息。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よなはだけ【与那覇岳】

沖縄県沖縄島(本島)北部の国頭(くにがみ)郡国頭村にある島内最高峰の山。標高498m。北東部の西銘(にしめ)岳(420m)や南方の伊湯岳(446m)とともに,中生代の名護層からなり,沖縄島北部の脊梁山地の主峰をなす。これらの山地から安波(あは)川,新川(あらかわ)川,福地川などが流れ出している。この地域の原生林にはノグチゲラ(特天)やヤンバルクイナ(天)が生息しており,国指定の天然保護区域となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与那覇岳
よなはだけ

沖縄本島北部、国頭(くにがみ)村にある沖縄本島の最高峰。標高503メートル。中生代の名護(なご)層の干板岩からなる従順な山容をなし、亜熱帯の自然林に覆われている。国指定の天然記念物のノグチゲラ(県鳥)やヤンバルクイナなどの貴重な鳥類が生息し、一帯は国指定の天然保護区域とともに沖縄海岸国定公園に指定されている。国頭村の奥間から山頂近くまで道路がある。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の与那覇岳の言及

【国頭[村]】より

…人口6015(1995)。沖縄島最高峰の与那覇岳(498m)をはじめ大小の山が脊梁山地を形成し,これらの山が東は太平洋岸,西は東シナ海岸に迫る。山地を開析した川の河口付近に村落が立地する。…

※「与那覇岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

与那覇岳の関連情報