山名氏家(読み)やまな うじいえ

朝日日本歴史人物事典の解説

山名氏家

生年:生没年不詳
南北朝室町時代武将。氏冬の子。中務大輔。父氏冬が応安3/建徳1(1370)年1月に死んだのち遺職は弟氏重が継いだがまもなく氏重も夭折,その跡を継承して因幡守護に就任した。家督氏清が将軍足利義満に反した明徳の乱(1391)の際には,守護代入沢某の強請によってやむなく八幡陣し,氏清と共に内野に戦ったが,氏家にはもとより戦意なく,義満に帰参して許された。因幡守護に還補され,応永7(1400)年6月までの在職記録がある。同18年には山名上総介が同職についていることから,その間に没したものと推定される。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android