コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名氏家 やまな うじいえ

2件 の用語解説(山名氏家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名氏家 やまな-うじいえ

?-? 南北朝-室町時代の武将。
山名氏冬の子。山名氏清・満幸らが足利義満(よしみつ)に謀反した明徳の乱(1391)では,やむなく惣領家の氏清方についたが,のちゆるされ,応永5-7年因幡(いなば)(鳥取県)守護をつとめた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山名氏家

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代の武将。氏冬の子。中務大輔。父氏冬が応安3/建徳1(1370)年1月に死んだのち遺職は弟氏重が継いだがまもなく氏重も夭折,その跡を継承して因幡守護に就任した。家督氏清が将軍足利義満に反した明徳の乱(1391)の際には,守護代入沢某の強請によってやむなく八幡に参陣し,氏清と共に内野に戦ったが,氏家にはもとより戦意なく,義満に帰参して許された。因幡守護に還補され,応永7(1400)年6月までの在職記録がある。同18年には山名上総介が同職についていることから,その間に没したものと推定される。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山名氏家の関連キーワード菊池兼朝吉良俊氏五条良量伊達範宗東師氏長瀬泰貞仁木義員三浦高連山名氏冬遊佐国長

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone