明徳(読み)メイトク

大辞林 第三版の解説

めいとく【明徳】

立派な徳性。
生得の立派な本性。

めいとく【明徳】

北朝の年号(1390.3.26~1394.7.5)。後小松天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

めいとく【明徳】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1390年から1394年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用し、1392年(元中9/明徳3)の南北朝の合一後は唯一の元号となった。前元号は康応(こうおう)。次元号は応永(おうえい)。1390年(康応2)3月26日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。明徳年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝では、「元中(げんちゅう)」(1384~1392年)の元号を用いていた。しかし、1392年(元中9/明徳3)閏10月5日、吉野から京都に帰還した後亀山天皇が退位し、三種の神器が後小松天皇に渡されたことにより、半世紀におよぶ南北朝対立が終わった。「元中」の元号も廃され、「明徳」を使用することになった。同年間の室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。明徳年間は、将軍義満がその権力基盤を着々と固めつつあった。1390年(元中7/明徳1)には、美濃国守護の土岐康行(ときやすゆき)が幕府に討伐された。さらに、翌1391年(元中8/明徳2)には明徳の乱が起こった。義満の挑発に乗った有力守護の山名氏清(うじきよ)、山名満幸(みつゆき)らが挙兵した事件で、幕府軍に敗退後、山名氏の領地・権力は大きく削がれることになった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明徳の関連情報