コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明徳 メイトク

5件 の用語解説(明徳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めい‐とく【明徳】

正しく公明な徳。
《「大学集注」から》天から与えられたすぐれた徳性。

めいとく【明徳】[年号]

南北朝時代、北朝後小松天皇の時の年号。1390年3月26日~1394年7月5日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めいとく【明徳】

立派な徳性。
生得の立派な本性。

めいとく【明徳】

北朝の年号(1390.3.26~1394.7.5)。後小松天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

めいとく【明徳】

日本の元号(年号)。室町時代南北朝時代)の1390年から1394年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用し、1392年(元中9/明徳3)の南北朝の合一後は唯一の元号となった。前元号は康応(こうおう)。次元号は応永(おうえい)。1390年(康応2)3月26日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。明徳年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝では、「元中(げんちゅう)」(1384~1392年)の元号を用いていた。しかし、1392年(元中9/明徳3)閏10月5日、吉野から京都に帰還した後亀山天皇が退位し、三種の神器が後小松天皇に渡されたことにより、半世紀におよぶ南北朝対立が終わった。「元中」の元号も廃され、「明徳」を使用することになった。同年間の室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。明徳年間は、将軍義満がその権力基盤を着々と固めつつあった。1390年(元中7/明徳1)には、美濃国守護の土岐康行(ときやすゆき)が幕府に討伐された。さらに、翌1391年(元中8/明徳2)には明徳の乱が起こった。義満の挑発に乗った有力守護の山名氏清(うじきよ)、山名満幸(みつゆき)らが挙兵した事件で、幕府軍に敗退後、山名氏の領地・権力は大きく削がれることになった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明徳の関連キーワード南北朝時代永和嘉慶康安康永康応至徳貞治文和吉野朝時代

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明徳の関連情報