コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名豊国の妻 やまな・とよくにのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

山名豊国の妻

生年:生没年不詳
安土桃山時代武家の女性。夫豊国は因幡鳥取城主。ある夜群盗に住居を襲われるが,賊の太刀に衣服をからめて力をそぐなどして夫に加勢し,退散させた。また,餅をのどにつまらせ夫にからかわれたのを恥じ,終生餅を口にしなかったとも伝えられる。

(真下道子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山名豊国の妻の関連キーワード生年

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android