山崎兵左衛門(読み)やまさき ひょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎兵左衛門 やまさき-ひょうざえもん

?-? 江戸時代前期の剣術家。
山崎左近将監(さこんしょうげん)の孫。山崎将監の父。中条山崎流の剣客で,越前(えちぜん)(福井県)北庄(きたのしょう)藩主松平忠直(ただなお)(1595-1650)につかえる。その技をためすため忠直が脇差で切りつけたとき,小木刀でうけて賞賛されたという。越前出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android