コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山廊 サンロウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ろう〔‐ラウ〕【山廊】

禅宗寺院の三門の左右にある平屋建ての建物。三門の楼上に登る階段がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんろう【山廊】

禅宗寺院の三門の両脇にある切妻造りの平屋の建物。三門の上層に上る階段のあがり口をおおうもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山廊の言及

【山門(三門)】より

…山門は正面5間の重層門が本格で,側面を3間とした大規模なものもある。左右に鐘楼,鼓楼を接続するものであったが,これらを省略し,上層への登り口を覆って山廊としたものが多い。下層両脇には二天または金剛力士像を置き,上層内部も仏堂風に整備して,仏壇を置いて釈迦如来,十六羅漢像などをまつる。…

※「山廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山廊の関連キーワード門(出入口)山門(三門)禅宗建築切妻造り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山廊の関連情報