コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山門 さんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山門
さんもん

寺院の門をいう。寺はかつては一般に山上にあったので,その門を山門という。また寺院そのものをさして山門ということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐もん【山門】

寺院の正門。三門。また、寺院。もと山に建てられたところからいう。
比叡山延暦寺異称

さんもん【山門】[歌舞伎狂言]

歌舞伎狂言。初世並木五瓶作。安永7年(1778)初演の「金門五山桐(きんもんごさんのきり)」(のち「楼門(さんもん)五三桐」と改称)の2幕目返し、南禅寺山門の場が独立して上演される場合の通称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山門【さんもん】

(1)禅宗の伽藍(がらん)の仏門,または寺院一般の楼門をいう。三門とも。転じて寺院そのものをいう。(2)延暦寺の称で,また同寺を本山とする山門派の略称でもある。
→関連項目富永荘八瀬横川関

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんもん【山門】

〔寺院は元来、山中に建てられたことから〕 寺院の門。また、寺院。 → 三門
比叡山延暦寺の異名。 → 寺門

さんもん【山門】

歌舞伎「金門五三桐きんもんごさんのきり」(のち「楼門さんもん五三桐」)の通称。時代物。初世並木五瓶作。1778年大坂中の芝居初演。石川五右衛門を主人公とし、南禅寺山門の場は「絶景かな。絶景かな」の台詞せりふで知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山門
さんもん

禅宗寺院の七堂伽藍(がらん)の一つで、寺院の正式な入口。古くは寺の南と東西に面して三つ、あるいは参道に沿って三つ設けられたところから三門と書かれた。また一つの門でも、空(くう)、無相(むそう)、無作(むさ)の三解脱門(さんげだつもん)の意味で三門とされた。三門が山門と書かれるのは、寺の多くが山に建立されたことによる。一般に二階造りの楼門で、入口の左右に金剛力士(こんごうりきし)の像、あるいは四天王像を祀(まつ)り、楼上には十六羅漢(らかん)像を祀る。なお、山門は寺院の総称ともなり、天台宗では園城寺(おんじょうじ)流を寺門(じもん)(派)とよぶのに対し延暦寺(えんりゃくじ)流を山門(派)という。[永井政之]
『横山秀哉著『禅の建築』(1967・彰国社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山門の言及

【筑後国】より

…古くは筑紫国の一部であったが,律令制の成立とともに前後に分割され,その当初は筑紫後(つくしのみちのしり)国と称され,ついで筑後国となった。三潴(みぬま∥みむま),御井(みい),御原(みはら),山本,竹野(たかの),生葉(いくは),上妻,下妻,山門(やまと),三毛(みけ)の10郡を管し,国府・国分寺は御井郡(久留米市)に所在した。《和名抄》には田1万2800余町とある。…

※「山門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山門の関連キーワード葷酒山門に入るを許さず長野県木曽郡大桑村須原山梨県甲府市善光寺高知県高知市比島町愛知県岡崎市片寄町長野県飯田市上川路青森県弘前市新町広島県三原市本町茨城県笠間市片庭福井県敦賀市新保石川五右衛門引っ切り無い天文法華の乱金門五山桐大和〈町〉山川〈町〉三橋〈町〉瀬高〈町〉目垂り顔御堂会館

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山門の関連情報