コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山役 ヤマヤク

デジタル大辞泉の解説

やま‐やく【山役】

江戸時代の小物成(こものなり)の一。村中入会山などで伐採した木を対象に賦課された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまやく【山役】

江戸時代の雑税の一。山の木を伐採したときに納めた年貢。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の山役の言及

【墓】より

…墓は山神に簡単な祭祀をしてから掘る。この作業を山役という。壙中を掘って底部を松の葉で掃き清め,この中に棺を納める。…

【小物成】より

…これらの雑税には大別して,(1)狭義の小物成,(2)浮役(うきやく)の2種が含まれていた。(1)狭義の小物成は,山林原野,河海池沼など,検地を受けない土地を対象として賦課されたもので,この中には例えば山年貢,野年貢,草年貢のように,対象地の面積(反別)を計測してこれに課したものと,山役,山手米,野手米,海役,池役などのように,反別を定めることなく,高外地の用益権に賦課したものがある。また,漆年貢,櫨(はぜ)年貢,茶役など,高外地に生育する草木の用益に対して課す場合もあった。…

※「山役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山役の関連キーワード肥前波佐見陶磁器窯跡長崎歴史文化博物館長崎県長崎市立山生野鉱山の暴動山例五十三箇条波佐見[町]波佐見(町)牛込忠左衛門橋本千枝子金山[町]芋洗坂係長韮山役所跡緑川良介松野正幸西原悠太瀬口美乃山崎勝謙大崎捺希鶴井宗貴安藤野雁

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山役の関連情報