山高(読み)やまたか

精選版 日本国語大辞典「山高」の解説

やま‐たか【山高】

〘名〙
① (「やまだか」とも) 山形に高くなっていること。山形に盛り上がっていること。なかだか。
※落語・鰍沢雪の酒宴(1889)〈四代目三遊亭円生〉「お持物にしても烟草入れでも山高(ヤマダカ)が流行(はや)るかと思ひますと」
② (「やまだか」とも) 江戸時代、高付けされた山林。田畑と同様に検地帳に記載され、山年貢を賦課される。林高。
※地方凡例録(1794)一「村中入会の山あり、山かせぎするに付、山だかを本途並の年貢を出し、村だかにむすび入る」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉七「向の棚に載せた誰やらの帽子が、傾いた儘、山高(ヤマタカ)の頂を顫はせてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android