コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本文彦 やまもと ふみひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本文彦 やまもと-ふみひこ

1937- 昭和後期-平成時代の洋画家。
昭和12年2月16日生まれ。昭和33年二紀展初入選。36年長生高教諭。44年山口大助教授。56年二紀展内閣総理大臣賞。ほかに安井賞,宮本三郎記念賞などを受賞。60年筑波大教授。自然のなかの女性を幻想的にえがく。二紀会事務局長・常任理事。平成22年「樹想」で芸術院恩賜賞。同年芸術院会員。東京都出身。東京教育大卒。著作に「山本文彦の静物デッサン」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本文彦の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android