コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井賞 やすいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安井賞
やすいしょう

日本的具象絵画を確立した画家,安井曾太郎を記念した新人賞。安井没年の翌年,1956年に開かれた遺作展の収益金を基にして 57年に設定された。各美術団体,推薦委員が1年間に発表された具象的傾向の優れた作品を推薦して安井賞展を開催,選考委員がその中から安井賞を選定する。新人の登竜門として定評がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

安井賞の関連キーワード相原 求一朗安井 曽太郎田中 猛夫藤田 吉香野見山暁治中本 達也小野木 学安井曽太郎三尾 公三有元 利夫塙 賢三大津英敏山本文彦鴨居 玲島田章三絹谷幸二三栖右嗣相笠昌義芝田米三松樹路人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安井賞の関連情報