コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本晴海 やまもと はるみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本晴海 やまもと-はるみ

1805*-1867 江戸時代後期の砲術家。
文化元年12月17日生まれ。高島秋帆(しゅうはん)に西洋流砲術を,山鹿高補に兵学を,広瀬淡窓儒学をまなぶ。故郷長崎にもどり,私塾柿陰古屋(しいんこや)をひらく。肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)藩主にも砲術をおしえた。慶応3年2月15日死去。64歳。本姓は竹内。名は逸。字(あざな)は無逸。通称は清太郎。号は秋村,淡斎。名は「せいかい」ともよむ。著作に「高島流砲術伝授」「鈐林(けんりん)雑鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山本晴海 (やまもとはるみ)

生年月日:1804年12月17日
江戸時代末期の砲術家
1867年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山本晴海の関連キーワード山本松次郎竹内貞基生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android