コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬淡窓 ひろせ たんそう

9件 の用語解説(広瀬淡窓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

広瀬淡窓

江戸後期の儒者。豊後生。名は建、字は子基、通称は求馬、別号に苓陽・青渓・遠思楼主人等。塾舎咸宜園の門生に、高野長英大村益次郎・長三洲等がいる。のち弟旭荘に咸宜園を委ねる。安政3年(1856)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひろせ‐たんそう〔‐タンサウ〕【広瀬淡窓】

[1782~1856]江戸後期の儒学者。豊後(ぶんご)の人。名は建。字(あざな)は子基。別号、青渓など。咸宜園(かんぎえん)を開き、子弟を教育。大村益次郎高野長英はその弟子。著「遠思楼詩鈔」「約言」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

広瀬淡窓【ひろせたんそう】

江戸後期の儒学(折衷学)者,漢詩人。名は建(けん)。字は子基(しき)。豊後(ぶんご)国日田(ひた)の人。筑前(ちくぜん)国福岡の亀井南冥(なんめい)・昭陽(しょうよう)父子の塾に学び,病気で退塾後は独学。
→関連項目清浦奎吾羽倉外記三浦梅園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬淡窓 ひろせ-たんそう

1782-1856 江戸時代後期の儒者。
天明2年4月11日生まれ。広瀬旭荘(きょくそう)の兄。亀井南冥(なんめい)・昭陽父子にまなぶ。郷里の豊後(ぶんご)(大分県)日田に私塾咸宜(かんぎ)園をひらき,独自の教育法で多数の人材をそだてた。門人に大村益次郎,高野長英らがいる。漢詩人としても著名。安政3年11月1日死去。75歳。名は建。字(あざな)は子基。通称は求馬。別号に苓陽。著作に「約言」「遠思楼詩鈔」など。
【格言など】鋭きも鈍きも共に捨てがたし錐(きり)と槌(つち)とに使ひ分けなば(門弟への訓戒)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広瀬淡窓

没年:安政3.11.1(1856.11.28)
生年:天明2.4.11(1782.5.22)
江戸後期の儒者,詩人,教育家。近世最大の漢学私塾咸宜園の創設,経営者。幼名寅之助,長じて求馬。名は簡,のちに建。字は廉郷,のちに子基。淡窓は号。別に青渓,苓陽,遠思楼主人などの号も使用。死後門人の諡は文玄先生。天領の豊後国日田郡日田(大分県日田市豆田町)に九州諸侯用達の商家博多屋の長男として出生(旭荘は末弟)。父は三郎左衛門,母はぬい。生涯多病に苦しむ。幼時伯父(俳号月化)に養育され,6歳で実家に戻り,以後実父その他の教授を受ける。寛政9(1797)年筑前福岡(福岡市)の亀井塾に入門,亀井南冥・昭陽父子(徂徠学派)に師事。11年冬,病を得て帰郷,以後独学。文化2(1805)年3月,豆田町で開塾。その後移転改名の 成章舎,桂林園を経て,14年3月再移転改名,咸宜園を名のる(明治30年6月まで存続)。 咸宜園教育は,「三奪の法」(年齢,学歴,身分に関係なく優劣を入塾後の成績に委ねる)と「月旦評」(日常の学習活動と月例試験での合計点による毎月末の成績評価。これにより昇級などを行う)による徹底した実力主義で有名。宇宙の主宰者「天」の理の究明を聖人に帰し,衆人は「敬天」で十分とする考えが淡窓思想の中核にあるが,淡窓自選の墓銘は「その学は大観を主とし,人と同異を争わず,旁ら仏老を喜ぶ」という。「唯己カ身ノ為ニスル」学問の立場をとる淡窓は,この立場から新註古註,古今和漢の書を採用し,また仏教や老子易理にも関心を持った。淡窓一代の入門者数は全国から2900余名という。<著作>日田郡教育会編『増補淡窓全集』(全3巻,1971年復刻)<参考文献>『淡窓先生小伝』(全集上),井上義巳『広瀬淡窓

(田中克佳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひろせたんそう【広瀬淡窓】

1782‐1856(天明2‐安政3)
江戸後期の儒者,漢詩人。名は建,字は子基,通称は求馬(もとめ)。豊後日田(ひた)の人。筑前福岡の亀井南冥(なんめい)・昭陽(しようよう)父子について儒学を学び,日田にもどって私塾咸宜園(かんぎえん)を開いた。篤実な人格と,今日のカリキュラムや成績表に相当する制度を取り入れた進歩的な教育方針とによって,咸宜園の名声はしだいに高くなり,塾生は全国から集まり,その数は延べ3000人をこえたという。また弟の広瀬旭荘(きよくそう)とともに漢詩人としても聞こえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひろせたんそう【広瀬淡窓】

1782~1856) 江戸後期の儒者・漢詩人・教育家。名は簡、のち建。字あざなは廉卿、のち子基。旭荘の兄。豊後日田の人。学塾咸宜園かんぎえんを開き、敬天を旨とする教育を行う。門下に大村益次郎・高野長英らを輩出。著「淡窓詩話」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広瀬淡窓
ひろせたんそう

[生]天明2(1782).4.11. 豊後,日田
[没]安政3(1856).11.1. 豊後,日田
江戸時代後期の古学派の儒学者。幼名は寅之助。字は子基。通称は玄簡,求馬。号は淡窓,青渓,遠思楼主人。御用達商人の子。徂徠学派の亀井南溟,昭陽父子に儒学を学んだ。 18歳のときの病気のため筑前福岡から帰郷し,24歳のとき塾 (のちの咸宜園〈かんぎえん〉) を開き,子弟の教育にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広瀬淡窓
ひろせたんそう
(1782―1856)

江戸後期の教育家、漢詩人、徳行家、儒学者。豊後(ぶんごのくに)国日田(ひた)(大分県日田市)の人。旭荘の兄。通称を幼時は寅之助(とらのすけ)、ついで玄簡(げんかん)、長じて求馬(もとめ)と称し、名は初め簡、のち建。字(あざな)は初め廉卿(れんけい)、のち子基(しき)と改めた。号は淡窓がもっとも知られているが、幼時は亀林(きりん)、のちに清渓(せいけい)、苓陽(れいよう)、遠思楼(えんしろう)主人など。没後門人が諡(おくりな)して文玄(ぶんげん)先生という。商家の長男に生まれたが、家督は弟に譲って学芸と教育に専念した。
 教育家としては、学塾咸宜園(かんぎえん)において3081人の門弟を養成し、そのなかには高野長英(たかのちょうえい)、大村益次郎(おおむらますじろう)、長三洲(ちょうさんしゅう)、大隈言道(おおくまことみち)などがあった。漢詩人としては、「道(い)ふことを休(や)めよ他郷苦辛多しと。同袍(どうほう)友有り自(おのずか)ら相親しむ。柴扉暁(さいひあかつき)に出づれば霜(しも)雪の如(ごと)し。君は川流(せんりゅう)を汲(く)め、我は薪(たきぎ)を拾はん」の一首で知られ、詩集『遠思楼詩鈔(えんしろうししょう)』(1837、1849)がある。徳行家としては、道徳的反省の記録である『万善簿(まんぜんぼ)』に1万6125の善を積んだ。これが18年10か月間の成果であった。儒学者としては、「老子ノ学ヲ好メリ」と告白しているが、程朱(ていしゅ)に傾いた発言が多いから、朱子学派ではなくても、朱子(朱熹(しゅき))のシンパぐらいではあったとみてよい。[古川哲史]
『工藤豊彦著、宇野精一他監修『叢書日本の思想家35 広瀬淡窓・広瀬旭荘』(1978・明徳出版社) ▽日本思想史懇話会編「広瀬淡窓の思想」(『季刊日本思想史19』1983・ぺりかん社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の広瀬淡窓の言及

【儒者】より

…しかし幕末に至るまで,それだけでは生活が苦しいのが相場で,同じく漢籍読解力を必須とする医者を兼ねることが少なくなく,大名から扶持を受ける例もある。18世紀半ば以降の急激な藩校増加により,その教官となる者も増え,19世紀には広瀬淡窓のように地方にいながら整備された試験・進級制度をもつ寄宿制の塾経営に成功する者も現れた。
[存在形態]
 とくに江戸時代前半には,町儒者は世人の目には往々遊芸の師匠同様に映り,大名などに仕えても,医者などと並ぶ特殊技能者として扱われるのが通例だった。…

【日田[市]】より

… 政治・経済的発展のなかで,諸国の文人たちの往来も繁く,俳諧などを中心に学問・文芸も発達し,いわゆる日田文化が成立した。そうした日田文化の頂点に立つのが,豆田町の豪商博多屋に生まれた広瀬淡窓であり,彼が堀田村に開いた私塾咸宜園とその教育であった。淡窓は近代教育の原型ともいうべき手法を用い,全国から集まった4600余人の門人を育て,高野長英,大村益次郎,長三洲など逸材が輩出している。…

※「広瀬淡窓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

広瀬淡窓の関連キーワード草場佩川森鼎中野龍田奥田桐園岡汝粛原松洲三宅錦川細合半斎越智高洲教育家

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広瀬淡窓の関連情報