コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山清(さんせい)

デジタル大辞泉プラスの解説

山清(さんせい)

長野県、山清酒造株式会社の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さんせい【山清】

長野の日本酒。酒名は、「山高く水清き信州」で醸す酒として命名。精米歩合40%で仕込む大吟醸酒「山崎忠右衛門」は全国新酒鑑評会出品酒。ほかに吟醸酒、純米酒などがある。平成7、13、22年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に美山錦。仕込み水は麻績(おみ)川の伏流水。蔵元の「山清酒造」は寛文5年(1665)創業。所在地は東筑摩郡筑北村坂北。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

山清(さんせい)の関連キーワードノートルダム清心女子大学Cry No More長野県東筑摩郡生坂村山勢 松韻(3代目)山勢松韻(初代)富山清琴(2代)音羽屋九郎兵衛大坂屋長右衛門鬼びっくり一味やませ蔵美術館アナーキズム久保田桃水コロニス族生坂[村]侍ニッポン小野十三郎福生(市)生坂(村)金子角之助横山青藍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android