吟醸酒(読み)ギンジョウシュ

  • ぎんじょうしゅ ギンヂャウ‥
  • ぎんじょうしゅ〔ギンヂヤウ〕

百科事典マイペディアの解説

原料米に高度精白米を50〜60%使い,10〜12℃の低温で発酵させた清酒の高級品。精米歩合50%以下のものを大吟醸酒という。フルーティな香りが特徴で,香りを楽しむため冷酒として飲まれることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

精米歩合が六〇%以下で、低温でゆっくり発酵させた日本酒。果実のような華やかな香りとなめらかな口当たりが特徴の、手間コストをかけた芸術品。元来はの技術を競う鑑評会用で、市販されていなかった。精米歩合五〇%以下が大吟醸酒。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

日本酒のうち、60パーセント以下に精米した白米を原料とし、低温発酵させて醸造した清酒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説


清酒の特定名称の一つで、精米歩合60%以下の白米、米麹及び水、またはこれらと醸造アルコールを原料とし、吟醸造りで、固有の香味及び色沢が良好なもの。吟醸造りは、高度に精米した白米を低温で時間をかけて発酵させ、「吟香」と呼ばれる特有の芳香を生ずるように醸造し、もろみ圧搾はゆるく搾る製法。フルーティな香りと、すっきりとした味わいが特徴で、冷ややぬる燗で飲むことが多い。◇吟醸酒のなかでも醸造アルコールを使用しないものは「純米吟醸酒」、精米歩合50%以下で色沢が特に良好なものは「大吟醸酒」と表示することができる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 白米を精白度六〇パーセント以下に精米したものを原料とし、低温で発酵させて醸造した清酒。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の吟醸酒の言及

【清酒】より

…すなわち〈純米酒〉とは米,米こうじのみでつくったもの,〈原酒〉は搾ったのち加水しないもの,〈生一本(きいつぽん)〉は純米の原酒で自社で醸出したもの,〈本醸造酒〉は前述のアル添仕込法で製造したものであるが,在来行われていた程度のアルコール使用量以下(白米1tあたり100%アルコール120l以下)のものをいう。また,〈吟醸酒〉は60%以下の精白米を使用し,低温発酵させた純米酒または本醸造酒,〈秘蔵酒〉は5年以上貯蔵熟成させたものをいう。なお,アル添仕込のものには醸造用アルコール使用,三増仕込酒の調合されたものには醸造用アルコール・醸造用糖類使用と製品に原材料が表示されている。…

※「吟醸酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吟醸酒の関連情報