コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田城 やまだじょう

日本の城がわかる事典の解説

やまだじょう【山田城】

長崎県雲仙市吾妻町にあった平山城(ひらやまじろ)。1372年(応安5)、豊後(ぶんご)大友氏の一族田原氏能(たわらうじよし)によって築かれた。氏能は九州の北朝方として活躍した武将で、この山田庄の地頭職でもあった。戦国時代になると、城は在地領主で、日野江城主有馬氏の譜代家臣であり、有馬氏とも婚姻関係にあった山田氏の居城となった。山田氏はその後も有馬氏に臣従し、1614年(慶長19)に有馬直純(なおずみ)が日向延岡に移封となると、山田氏もこれに従い島原を去り、山田城は廃城となった。現在は公園化され、本丸跡、二の丸跡、出丸跡、空堀跡が残る。島原鉄道吾妻駅から徒歩約20分。長崎道諫早(いさはや)ICから国道251号線。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の山田城の言及

【土佐山田[町]】より

…土讃本線(現,土讃線)は1925年に高知~土佐山田間が開通した。戦国時代,土佐七守護の一人とされた山田氏の居城楠目(くずめ)城(山田城)跡や同氏の菩提寺予岳寺がある。また野中兼山の四女婉が一族の霊をまつった野中神社(お婉堂),婉の師でもあった儒学者谷重遠(秦山)の邸址や墓(史)もある。…

※「山田城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山田城の関連キーワード長崎県雲仙市吾妻町栗林名山田(宮崎県)国頭方西海道古賀 城武香美(市)山江(村)山田道安相良長続座喜味城有馬直純税所宗円古賀城武山田城跡護佐丸地頭職荒砥城大友山田

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android