コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田御方 やまだの みかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田御方 やまだの-みかた

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の学者。
僧として新羅(しらぎ)(朝鮮)に留学し,のち還俗(げんぞく)。和銅3年(710)周防守(すおうのかみ)。学業優秀をたびたび賞された。「懐風藻」に大学頭として3首の漢詩がのる。名は三方,御形ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田御方

生年:生没年不詳
7世紀末から8世紀前半の官人,文人。名は三方とも書く。はじめ僧籍にあり,新羅に留学した経験もあるが,持統6(692)年に還俗。官人としてその学才を用いるための措置であろう。慶雲4(707)年には学士として優秀なため賞され,養老5(721)年にも文章,学業の師範とすべき者として褒賞を受けている。同年には東宮(のちの聖武天皇)の相手として,公務終了後,仕えることを命じられた。同6年,官物を盗んだ罪が発覚しながら,赦されたことは,その才学をしのばせる。晩年,大学頭,従五位下。『懐風藻』に詩文が残る。

(東野治之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山田御方の関連キーワード山口田主紀男人紀清人生年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android