山田翠雨(読み)やまだ すいう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田翠雨 やまだ-すいう

1815-1875 江戸時代後期の儒者。
文化12年生まれ。後藤松陰,摩島松南に師事し,漢詩を梁川星巌(やながわ-せいがん)にまなぶ。京都に塾をひらき,慶応のころ美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩にまねかれ,藩校文武館でおしえた。明治8年8月5日死去。61歳。摂津八部(やたべ)郡(兵庫県)出身。名は信義。字(あざな)は義卿。別号に鷯巣。詩集に「翠雨軒詩話」「丹生樵歌(にゅうしょうか)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android