信義(読み)しんぎ

精選版 日本国語大辞典「信義」の解説

しん‐ぎ【信義】

〘名〙 約束を守り相手に対する道義的な務めを果たすこと。
※経国集(827)二〇・大日奉首名対策文「斯実義之深趣、仁智之大旨」
※読本・雨月物語(1776)菊花の約「一生を信義の為に終る」 〔後漢書‐東夷伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「信義」の解説

しん‐ぎ【信義】

真心をもって約束を守り、相手に対するつとめを果たすこと。「信義に厚い」「信義を重んじる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「信義」の解説

【信義】しんぎ

まことと正しさ。〔三国志、諸亮伝〕將軍は室の(ちう)にして、信義四はる。攬し、を思ふことするが如し。

字通「信」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android