コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁川星巌 やながわせいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梁川星巌
やながわせいがん

[生]寛政1(1789).6.18. 美濃
[没]安政5(1858).9.2. 京都
江戸時代後期の漢詩人。名,孟緯。字,公図。 19歳のとき江戸に出て山本北山の奚疑塾に学び,先輩詩人と交わって詩才を認められた。その後各地を遊歴して菅茶山頼山陽らと詩文をかわし,「文の山陽,詩の星巌」とうたわれた。天保5 (1834) 年再び江戸に帰って神田お玉が池に玉池吟社を開き,後進を指導しながら江戸の詩壇に新風を起した。弘化2 (45) 年に京都に移り,勤王の志士たちと討幕運動に従事したが,安政の大獄の直前に急死。初め北山の説を奉じ宋詩を範としたが,のち唐詩を信奉し,さらに明,清の詩風を学んで清新な詩風を鼓吹し,特に七言律詩に長じていた。また妻の紅蘭も閨秀詩人として名高い。『星巌集』 (32巻,41~56) ,『星巌先生遺稿』 (15巻) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やながわ‐せいがん〔やながは‐〕【梁川星巌】

[1789~1858]江戸後期の漢詩人。美濃の人。名は孟緯。字(あざな)は公図。江戸で古賀精里山本北山に学び、神田に玉池(ぎょくち)吟社を開いた。のち京都に住み、勤王の志士と交わって国事に奔走。妻紅蘭も漢詩人。著「星巌集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梁川星巌【やながわせいがん】

江戸後期の漢詩人。美濃の人。名は孟緯,字は公図。別号は天谷,百峰,老竜庵等。古賀精里山本北山に学び,江戸神田お玉が池に玉池吟社(ぎょくちぎんしゃ)を創設。その詩は唐詩の風格を有し,詩道中興の祖と呼ばれた。
→関連項目梅田雲浜頼三樹三郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梁川星巌 やながわ-せいがん

1789-1858 江戸時代後期の漢詩人。
寛政元年6月18日生まれ。山本北山にまなぶ。妻の梁川紅蘭と諸国を遊歴し,江戸神田に玉池吟社(ぎょくちぎんしゃ)をひらく。のち京都で梅田雲浜(うんぴん)らと尊攘(そんじょう)運動にくわわるが,安政の大獄直前の安政5年9月2日コレラで死去。70歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は卯,孟緯。字(あざな)は伯兎,公図。別号に詩禅。詩集に「西征詩」など。「星巌先生遺稿」がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

梁川星巌

没年:安政5.9.2(1858.10.8)
生年:寛政1.6.18(1789.7.10)
江戸後期の詩人。名は卯のち孟緯,字は伯兎のち公図,通称新十郎,星巌は号。美濃国安八郡曾根村(岐阜県大垣市)に富農の家に生まれる。父は長高。文化4(1807)年江戸に出て山本北山の奚疑塾に入り儒学と詩文を学び,市河寛斎の江湖詩社に参加した。14年帰郷し私塾梨花村舎を開く。星巌は放浪を癖とした。文政3(1820)年詩人紅蘭と結婚。5年9月妻を伴って西遊し九州に至った。天保5(1834)年江戸神田お玉が池に住し玉池吟社を起こし,江戸詩壇の盟主として名声高まった。その間藤田東湖,佐久間象山と交わり時事への関心を深め,弘化2(1845)年玉池吟社を閉じ帰郷し,翌年より京都に定住,ペリー来航後は政治活動に深入りし尊王攘夷を主唱す。安政5(1858)年秋京都に流行したコレラに罹り没し,南禅寺天授庵に葬る。死の直後安政大獄が起こったため,世人は星巌を「詩(死)に上手」と評した。5000首におよぶ作品を残し,詩人としての評価は頼山陽より高い。<著作>『梁川星巌全集』全5巻<参考文献>富士川英郎『江戸後期の詩人たち』

(沼田哲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やながわせいがん【梁川星巌】

1789‐1858(寛政1‐安政5)
江戸末期の漢詩人。名は孟緯,字は公図,通称新十郎,星巌・詩禅と号する。美濃安八郡曾根村に生まれる。19歳のとき志を立て江戸に遊学し,古賀精里,山本北山に学び,22歳で再び北山に師事し,大窪天民(詩仏)らと交際。1817年(文化14)帰郷,作詩するとともに弟子をとった。20年(文政3)女流漢詩人紅蘭と結婚,四方を遊歴し,32年(天保3)江戸神田お玉ヶ池に玉池吟社(ぎよくちぎんしや)を開き,江戸詩壇に指導的地位を占め,藤田東湖,佐久間象山らと交わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やながわせいがん【梁川星巌】

1789~1858) 江戸後期の漢詩人。美濃の人。名は孟緯、字あざなは公図。江戸で山本北山に学び、神田に玉池吟社を開き優秀な門人が輩出した。のち京都で、頼らい三樹三郎ら勤王の志士と交わり尊王攘夷を唱える。著「星巌集」「春雷余響」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梁川星巌
やながわせいがん
(1789―1858)

江戸後期の漢詩人、尊攘(そんじょう)派志士。名を孟緯(もうい)、字(あざな)を公図、号を星巌。美濃(みの)国(岐阜県)に生まれる。19歳で江戸に出て、山本北山(ほくざん)に入門して儒学と詩を学んだ。以後、日本各地を遊歴放浪して詩心を涵養(かんよう)し、1834年(天保5)から45年(弘化2)まで、江戸で玉池吟社(ぎょくちぎんしゃ)を開いた。江戸詩壇の中心となった玉池吟社からは、優秀な詩人が輩出した。ついで居を京都に移し、春日潜庵(かすがせんあん)や吉田松陰らと交わり、尊王倒幕運動に関与したが、安政(あんせい)の大獄の発動される直前、安政5年9月2日、コレラのため病死。詩集に『星巌集』(1841~56)などがある。妻の紅蘭(こうらん)(1804―79)も幕末の女流詩人として活躍し、『紅蘭小集』(1841)がある。[揖斐 高]
『伊藤信著『梁川星巌翁附紅蘭女史』(1925・梁川星巌翁遺徳顕彰会) ▽富士川英郎著『江戸後期の詩人たち』(1973・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

梁川星巌 (やながわせいがん)

生年月日:1789年6月18日
江戸時代後期の詩人
1858年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

梁川星巌の関連キーワード森春濤・森春涛三輪田真佐子大城戸長兵衛奥平小太郎八十島叉橋山中信天翁船橋晴潭本沢竹雲石野雲嶺青木樹堂山田翠雨三国幽眠山本梅逸森田葆庵森田梅礀市島屏山生年月日柏淵蛙亭景山竜造大塚荷渓

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android