コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県悌三郎 ヤマガタテイザブロウ

1件 の用語解説(山県悌三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまがた‐ていざぶろう〔‐テイザブラウ〕【山県悌三郎】

[1858~1940]教育者。近江の生まれ。教職を経て文部省御用掛(がかり)となり、教科書の編纂(へんさん)にたずさわる。下野して後の著作に「教育哲学史」「進化要論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山県悌三郎の言及

【児童雑誌】より


[日本]
 日本では,1877年創刊の《穎才(えいさい)新誌》のような児童向け投書雑誌などがあったが,イギリスの児童雑誌の影響を強く受けて,88年創刊された《少年園》が最初の本格的児童雑誌といわれる。文部省で教科書作成にあたった山県悌三郎を主筆に,教育・啓蒙を発刊の主旨とした。執筆者には森鷗外や坪内逍遥の名もみられる。…

【小国民】より

…初めは月刊,1周年号から月2回刊。それ以前に創刊された《少年園》(1888‐95,山県悌三郎主幹),《日本之少年》(1889‐94,博文館発行),その後に創刊された《少年文武》(1890‐92,中川霞城編集発行)などとともに,明治20年代の有力な少年雑誌である。修身,歴史,文芸,娯楽などの平易な記事と挿絵で小学生の読者を獲得した。…

※「山県悌三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山県悌三郎の関連キーワード近江のお兼市川左団次近江源氏近江猿楽近江の海教育者芳村伊十郎近江のお金多田房之輔三上アイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone