天職(読み)てんしょく

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐しょく【天職】

〘名〙
① 天から命ぜられた職の意。
(イ) 神聖な職務。特に、天子が国を治める職務。天子としてのつとめ。
※集義和書(1676頃)一五「人君の天職あり、人を愛するを以て心とす」 〔孟子‐万章・下〕
(ロ) 生まれながらの性質に合った職業。
※演歌・鶏林(1893‐96)〈酔郷学人〉「東洋平和を維持するは 大和人種の天職と」
② 遊女の階級の一つ「天神」の別称。大夫の次位。
※浮世草子・椀久二世(1691)上「以前は時花によって天職(テンショク)を太夫にもなしぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐しょく【天職】

天から授かった職業。また、その人の天性に最も合った職業。「医を天職と心得て励む」
天子が国家を統治する職務。
遊女の等級の一。大夫の次の位。天神。
「―のゆたかなる道中を見て」〈浮・禁短気・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android