天職(読み)テンショク

デジタル大辞泉の解説

てん‐しょく【天職】

天から授かった職業。また、その人の天性に最も合った職業。「医を天職と心得て励む」
天子が国家を統治する職務。
遊女の等級の一。大夫の次の位。天神。
「―のゆたかなる道中を見て」〈浮・禁短気・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしょく【天職】

〔天から与えられた職務の意〕
その人の性質・能力にふさわしい職業。 「教師を-と考える」
神聖な職業。特に、天子が国家を統治する職務。
江戸時代の遊女の階級の一。天神てんじん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天職の関連情報