天職(読み)テンショク

デジタル大辞泉の解説

てん‐しょく【天職】

天から授かった職業。また、その人の天性に最も合った職業。「医を天職と心得て励む」
天子が国家を統治する職務。
遊女の等級の一。大夫の次の位。天神。
「―のゆたかなる道中を見て」〈浮・禁短気・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしょく【天職】

〔天から与えられた職務の意〕
その人の性質・能力にふさわしい職業。 「教師を-と考える」
神聖な職業。特に、天子が国家を統治する職務。
江戸時代の遊女の階級の一。天神てんじん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐しょく【天職】

〘名〙
① 天から命ぜられた職の意。
(イ) 神聖な職務。特に、天子が国を治める職務。天子としてのつとめ。
※集義和書(1676頃)一五「人君の天職あり、人を愛するを以て心とす」 〔孟子‐万章・下〕
(ロ) 生まれながらの性質に合った職業
※演歌・鶏林(1893‐96)〈酔郷学人〉「東洋平和を維持するは 大和人種の天職と」
遊女階級の一つ「天神」の別称。大夫の次位。
浮世草子・椀久二世(1691)上「以前は時花によって天職(テンショク)を太夫にもなしぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天職の関連情報