コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県氏 やまがたうじ

1件 の用語解説(山県氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまがたうじ【山県氏】

美濃国山県郡と安芸国山県郡の郡名をそれぞれ苗字とした氏族。前者は清和源氏の流れをくみ,中世には武田氏に臣従した一族を甲斐,若狭,安芸などにも分出している。後者は阿岐国造の後裔凡(おおし)氏のうち山県郡司となったもので,のちに入部してきた美濃源氏流の山県氏とは本来別系統である。凡氏は郡内に独自の勢力を保持していたが,平安末期になると平氏の後ろだてを得た厳島社神主佐伯景弘の庇護下に入り,志道原荘,壬生荘など社領荘園の寄進にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の山県氏の言及

【美濃国】より

…清和源氏の祖経基王をはじめ,その子満仲,満政,孫の頼光,頼信など美濃守に任ぜられたものが多く,彼らは任国でその基盤を徐々に形成していった。その流れの主たる系統は,満政の曾孫重宗を祖とする重宗流と,頼光の子頼国の流れで,この流れはのちに土岐氏を称する国房流と,山県郡に土着しのち山県氏を名のった頼綱の流れに大別される。国房流が院と結びついて光信,光保のように検非違使(けびいし)となって主として京都で活躍するのに対し,重宗流は比較的早い時期に方県郡を中心に土着し,院分の国衙領をおさえて勢力を拡大するといった対照的な歩みをみせるが,ともに平安末から鎌倉初期の争乱のなかで,中央政界の複雑な動きにほんろうされて打撃をうけ,武家の棟梁への道をとざされてしまった。…

※「山県氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山県氏の関連キーワード筑摩三国山脈山県牟婁吉川之経和田菁華老亀千豊の酒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone