山種証券[株](読み)やまたねしょうけん

百科事典マイペディアの解説

山種証券[株]【やまたねしょうけん】

元準大手証券の一角を占め,山種グループの中核企業だった。1933年山崎種二が証券業を創業。1944年証券会社4社を吸収合併し,現社名に改称。一族色の濃い独立系証券会社としてユニークな相場観・経営方針を掲げ兜町を席捲したが,バブル破綻後業績が悪化。1993年さくら銀行から社長を迎え経営再建にあたった。リテール部門に強い。2000年4月に神栄石野証券と合併し,さくらフレンド証券となり,2003年4月明光ナショナル証券と合併し,SMBCフレンド証券となった。三井住友銀行と共同店舗化を進めている。
→関連項目さくらフレンド証券[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android