山脇洋二(読み)やまわき ようじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山脇洋二 やまわき-ようじ

1907-1982 昭和時代の彫金家。
明治40年12月2日生まれ。母校東京美術学校(現東京芸大)でおしえ,昭和31年教授。金彩にたくみで,37年「游砂」で芸術院賞。文化財保護審議会専門委員。昭和57年12月11日死去。75歳。大阪出身。作品に「舞御堂小箱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山脇洋二の言及

【明治・大正時代美術】より

…26年に,鋳金の高村豊周や内藤春治(はるじ)(1895‐1979),彫金の北原千鹿(せんろく)(1887‐1951),漆工の山崎覚太郎(1899‐1984),染色の広川松五郎(1889‐1952)らによって无型(むけい)が結成された。帝展に工芸部が設置された27年ころは彼らの活動も高揚し,この年,北原千鹿を中心にして,信田洋(のぶたひろし)(六平,1902‐90),山脇洋二(1907‐82)らの金工家が集まって工人社が結成された。また,京都でも1920年に楠部弥弌(くすべやいち)らによって,前衛的な作陶家集団赤土が結成されている。…

※「山脇洋二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android