山陽煉瓦株式会社のホフマン式輪窯(読み)さんようれんがかぶしきがいしゃのほふまんしきわがま

事典 日本の地域遺産の解説

山陽煉瓦株式会社のホフマン式輪窯

(広島県竹原市吉名町4518)
推薦産業遺産」指定の地域遺産〔13号〕。
山陽煉瓦株式会社のホフマン式輪窯は1942(昭和17)年に操業開始された。台風で上屋は飛ばされたが、煉瓦と石造りの窯本体はほぼ完全な形で残存している。西日本唯一のホフマン式輪窯遺構である

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android