コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鯨 ヤマクジラ

3件 の用語解説(山鯨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やま‐くじら〔‐くぢら〕【山鯨】

イノシシの肉。また、獣肉。獣肉を食べるのを忌んで言った語。 冬》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまくじら【山鯨】

イノシシの肉。また、獣肉。もと、獣肉を食べることは禁忌であったことから、言い換えたもの。 [季] 冬。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の山鯨の言及

【イノシシ(猪)】より

…縄文時代の遺跡から出土した獣骨のうち,鹿に次いで多いのが猪であることは,捕獲の機会が多かったことと同時に,その肉が日本の野獣の中では鹿とともにもっとも美味であったことも,理由として考えられる。江戸時代後期には山鯨と称して獣肉を売り,また,料理して食べさせる店が多く出現した。山鯨というのは,魚とされていた鯨に擬した獣肉の総称であるが,そうした店の主力商品は猪だった。…

※「山鯨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山鯨の関連情報