コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪/豬 イ

4件 の用語解説(猪/豬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い〔ゐ〕【×猪/×豬】

イノシシブタの総称。特に、イノシシ
「―、鹿をなん生贄(いけにへ)にし侍りけるとぞ」〈宇治拾遺・一〇〉

い‐の‐しし〔ゐ‐〕【×猪】

《「猪(い)の獣(しし)」の意で、「しし」は食肉用のけものをいう》偶蹄(ぐうてい)目イノシシ科の哺乳類。体長約1.4メートルで、首が短く、背面に黒褐色の剛毛がある。雄は犬歯が発達している。夜行性で雑食。興奮すると、背の怒り毛を立てて突進する。日本では本州以南に分布。幼獣には瓜模様の縦斑がある。の原種で、肉は山鯨(やまくじら)・牡丹(ぼたん)といわれ食用。しし。いのこ。 秋》「―の寝にゆく方や明の月/去来

ちょ【猪】[漢字項目]

人名用漢字] [音]チョ(呉)(漢) [訓]い いのしし
動物の名。イノシシ。「猪突野猪
[補説]「猪」「猪」ともに人名用漢字。
[名のり]しし
[難読]猪牙船(ちょきぶね)猪口(ちょく・ちょこ)豪猪(やまあらし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いのしし【猪】

イノシシ科の哺乳類。体長1.5メートル 前後。ブタの原種。ブタに似るが、犬歯が下顎あごから上方へ突き出る。体毛は硬く暗褐色。山林原野にすみ、夜行性で雑食。肉は山鯨やまくじら・ぼたんと称して食用とする。しし。い。 [季] 秋。 《 -を荷ひ行く野や花薄 /白雄 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪/豬の関連キーワード獣・鹿・猪しし紙質シシリー猪狩猪じもの猪田猪防ぎ猪道膂宍

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone