(読み)イ

  • ×猪
  • ×猪/×豬
  • い ゐ
  • い〔ゐ〕
  • いのしし
  • いのしし ゐ‥
  • いのしし〔ゐ〕
  • ちょ
  • 漢字項目
  • 猪 (イノシシ)

デジタル大辞泉の解説

イノシシブタの総称。特に、イノシシ。
「―、鹿をなん生贄(いけにへ)にし侍りけるとぞ」〈宇治拾遺・一〇〉
《「猪(い)の獣(しし)」の意で、「しし」は食用のけものをいう》偶蹄(ぐうてい)目イノシシ科の哺乳類。体長約1.4メートルで、首が短く、背面に黒褐色の剛毛がある。雄は犬歯が発達している。夜行性で雑食。興奮すると、背の怒り毛を立てて突進する。日本では本州以南に分布。幼獣には瓜模様の縦斑がある。の原種で、肉は山鯨(やまくじら)・牡丹(ぼたん)といわれ食用。しし。いのこ。 秋》「―の寝にゆく方や明の月/去来
人名用漢字] [音]チョ(呉)(漢) []い いのしし
動物の名。イノシシ。「猪突野猪
[補説]「猪」「猪」ともに人名用漢字。
[名のり]しし
[難読]猪牙船(ちょきぶね)猪口(ちょく・ちょこ)豪猪(やまあらし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イノシシ科の哺乳類。体長1.5メートル 前後。ブタの原種。ブタに似るが、犬歯が下顎あごから上方へ突き出る。体毛は硬く暗褐色。山林原野にすみ、夜行性で雑食。肉は山鯨やまくじら・ぼたんと称して食用とする。しし。い。 [季] 秋。 -を荷ひ行く野や花薄 /白雄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 イノシシ、ブタの総称。特にイノシシ。
※古事記(712)下「大猪出でき。即ち天皇鳴鏑(なりかぶら)を以ちて其の猪を射たまひし時」
※太平記(14C後)一三「馬副四人、か千冠(ちかぶり)に猪(イ)の皮の尻鞘(しりざや)の太刀佩いて」
〘名〙
① (「猪(い)の獣(しし)」の意) イノシシ科の哺乳類。体長一~一・五メートル。ブタの原種で口先が長く、犬歯は強大で口の外へ突き出てきばとなる。体毛は黒褐色。ヨーロッパ、アジア、北アフリカに広く分布し、日本では北海道を除く各地に生息する。山地の森林にすみ、夜出て植物の根やミミズを掘り出して食べるほか、ヘビ、カエルなどを捕食する。子は体に縦すじがあり「うりぼう」と呼ばれる。肉は古くから山鯨(やまくじら)と呼ばれて賞味され、一般に猪鍋(ししなべ)にして食べる。しし。い。いのこ。やちょ。《季・秋》
※書紀(720)崇峻五年一〇月(図書寮本訓)「山猪(ヰノシシ)を献ること有り」
※雑俳・柳多留‐四六(1808)「猪のししのねがえりにちる萩の露」
② (①の、走ると容易に曲がれないほど突っ走る性質から) あまり熟慮しないで、あるいはやたらにものごとに突進して後退しない行動をとる者のたとえ。
③ 明治三二年(一八九九)から大正六年(一九一七)にかけて発行された一〇円紙幣の異称。裏面にイノシシの図があるところからいう。いのししの横っ飛び。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕
[語誌]古くは単独のイで猪を指した。シシは肉のことを指し、また、肉を食用とすることができる獣一般を指す語であったので、狩りの主要対象であった鹿とともに猪を指すことが多かった。後に、猪をイノシシ、鹿をカノシシと言って呼び分けるようになる。シシは「ししふせぎ(猪防)」「ししおどし(鹿威)」などの語の中にその意味が残っている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪の関連情報