コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻生氏 あそううじ

世界大百科事典 第2版の解説

あそううじ【麻生氏】

数流あるが最も著名なのは鎌倉・室町時代に北部九州で活躍した武家。鎌倉初期に下野の豪族宇都宮氏の一族が,平家方で筑前遠賀川流域に勢力のあった山鹿秀遠の遺領に入ったのが始まり。1249年(建長1)北条氏被官資時が〈山鹿荘内麻生荘〉(現,北九州市八幡東区)の地頭代に任ぜられて麻生氏の祖となった。南北朝時代,宗光のとき武家方として活動し,本家筋にあたる山鹿氏の勢力を凌駕し本拠も花尾城に移った。その所領は遠賀川流域から洞海湾をとり囲むように広がり,朝鮮貿易に従事するものも出た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の麻生氏の言及

【筑前国】より

…大内教弘は守護代として仁保(にほ)盛安を派遣し,寺社の掌握,軍事力の強化,家臣への知行宛行,段銭賦課,博多の掌握を行い,領国制を整備していった。また当国には幕府奉公衆麻生氏がおり,幕府権力の地方的基盤となっていたが,しだいに大内氏と結びつきを深め,戦国期には大内氏の被官化する。
[戦国時代]
 1467年(応仁1)応仁・文明の乱がおこると,対馬宗氏のもとにいた少弐教頼は東軍に応じ,宗盛直とともに筑前に攻め入ったが,大内氏のために敗死した。…

【山鹿氏】より

…そして平家都落ちに従い,壇ノ浦の戦(1185)では平家方1000余艘中500余艘を率いて先陣をつとめ,〈九国一番の勢兵〉と呼ばれたが,平氏の滅亡とともに没落した。筑前麻生氏の同族山鹿氏は宇都宮氏の末流と称し,山鹿秀遠跡の山鹿荘を知行したと伝えている。南北朝期になると終始北朝方についた麻生氏に対抗して,南朝方として活躍した。…

※「麻生氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麻生氏の関連キーワード内閣不信任決議案と首相問責決議案行方(市)麻生[町]ドント式

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麻生氏の関連情報