コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡っ引(き) オカッピキ

デジタル大辞泉の解説

おかっ‐ぴき〔をかつ‐〕【岡っ引(き)】

《「おかびき」の促音添加。「おか」は「傍」で、そばにいて手引きをする者の意という》江戸時代町奉行に属した与力同心の下で、犯罪の捜査や犯人の逮捕に当たった者。目明かし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岡っ引(き)の関連キーワードお江戸の百太郎シリーズ『銭形平次』シリーズ銭形平次捕物控佐武と市捕物控むっつり右門月形 龍之介初ものがたり林家 珍平朝日奈順子祐天仙之助半七(2)銭形平次御用聞き人形佐七毛利まこ訴人影帳

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android