コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡宗泰純 おかむね たいじゅん

1件 の用語解説(岡宗泰純の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡宗泰純 おかむね-たいじゅん

1768-1833 江戸時代後期の国学者。
明和5年生まれ。土佐高知城の西川岸端で医を業としていたが,土佐藩家老深尾氏にかかえられた。天保(てんぽう)2年稲毛実,岡本真古(まふる)らと「土佐畸人伝」を編集。天保4年3月25日死去。66歳。土佐出身。名は登。通称は良蔵。号は拙斎,養拙斎。著作に「西郊余翰」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡宗泰純の関連キーワード斑糲岩蓑虫騒動岸沢式佐並木五瓶百科事典島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone