コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本真古 おかもと まふる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本真古 おかもと-まふる

1780-1856 江戸時代後期の武士,郷土史家。
安永9年生まれ。土佐高知藩士。浦廻定加役(うらまわりじょうかやく),医学方役などをつとめ,能吏として各方面に才能を発揮,歩行格にのぼった。伊能忠敬(いのう-ただたか)の天文地形測量御用もつとめた。谷真潮らにまなび,郷土に関する著作をおおくのこした。安政3年3月6日死去。77歳。初名は信古。通称は忠次郎。号は東浜など。編著に「事物終始」「土佐畸人伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡本真古の関連キーワード岡宗泰純

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android