コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本真古 おかもと まふる

1件 の用語解説(岡本真古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本真古 おかもと-まふる

1780-1856 江戸時代後期の武士,郷土史家。
安永9年生まれ。土佐高知藩士。浦廻定加役(うらまわりじょうかやく),医学方役などをつとめ,能吏として各方面に才能を発揮,歩行格にのぼった。伊能忠敬(いのう-ただたか)の天文地形測量御用もつとめた。谷真潮らにまなび,郷土に関する著作をおおくのこした。安政3年3月6日死去。77歳。初名は信古。通称は忠次郎。号は東浜など。編著に「事物終始」「土佐畸人伝」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡本真古の関連キーワードティチング前古典派音楽杵屋六三郎(4代)中島棕隠ハリスボリショイ劇場結城寅寿ミシン碧南の土人形黒住宗忠

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone