コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木五瓶 なみきごへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並木五瓶
なみきごへい

[生]延享4(1747).大坂
[没]文化5(1808).2.2. 江戸
歌舞伎狂言作者。初名は五 (吾) 八。役木戸 (芝居小屋木戸番の長) 和泉屋に生れる。並木正三の門に入り,安永1 (1772) 年から上方の立作者として活躍,寛政5 (93) 年五瓶と改名。同6年江戸に下って都座の立作者となる。時代物の世界 (題材) から世話物を独立させて,それぞれ異なる題名を掲げる形式を創始したり (→名題 ) ,作者部屋の慣習を整備して作者の地位の向上に努めるなど,後世に与えた影響は大きい。作品は 100編以上あり,代表作は『天満宮菜種御供 (てんまんぐうなたねのごくう) 』『金門五三桐』 (以上大坂時代) ,『五大力恋緘 (ごだいりきこいのふうじめ) 』『隅田春妓女容性 (すだのはるげいしゃかたぎ) 』。名跡は3世まであり,3世五瓶は代表作『勧進帳』で知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なみき‐ごへい【並木五瓶】

[1747~1808]江戸後期の歌舞伎狂言作者初世。大坂の人。並木正三の弟子。大坂および江戸の劇壇で活躍し、幕末までの歌舞伎の隆盛をもたらした。写実的、合理的作風で知られる。代表作「五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)」「金門五山桐(きんもんごさんのきり)」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

並木五瓶【なみきごへい】

歌舞伎狂言作者。大坂の人。並木正三門下。京・大坂で立作者として活躍。1794年江戸へ下って3世沢村宗十郎と提携,写実的な作風で世話物の傑作を書き,江戸歌舞伎隆盛の道を開いた。
→関連項目生世話

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

並木五瓶

1747〜1808(延享4年〜文化5年)【歌舞伎作者】上方の歌舞伎を江戸風にアレンジ。 江戸歌舞伎発展の基礎を作った。歌舞伎作者。大坂生まれ。安政期、大坂で活躍した後、江戸に移り数多くの傑作を残した。大坂で作った旧作を下敷きに、江戸の町人生活を描いた世話物に仕立てて、名作を次々と創作した。緻密な構成、写実的・合理的な作品は、上方生まれの歌舞伎芝居が、江戸歌舞伎としての独自性を確立する基礎ともなった。浅草雷門で風邪薬を商っていたことも有名。五瓶は4代続き、『勧進帳』を残したのは三世五瓶。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なみきごへい【並木五瓶】

歌舞伎作者。4世まである。初世がもっとも有名。(1)初世(1747‐1808∥延享4‐文化5) 号は並木舎,浅草堂。大坂道修町の役木戸(やくきど)和泉屋の子。初世並木正三(一説では並木十輔)に入門し,1768年(明和5)ごろから並木五八(のち吾八,呉八)の名で浜芝居の作者を勤める。72年に大芝居に進出,77年(安永6)に五兵衛と改める。この前後,嵐雛助のために《天満宮菜種御供(てんまんぐうなたねのごくう)》《金門五山(三)桐(きんもんごさんのきり)》など傑作を書き,大坂劇壇随一の人気作者となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なみきごへい【並木五瓶】

1747~1808) (初世)歌舞伎脚本作者。大坂の人。並木正三の門人。安永(1772~1781)から寛政(1789~1801)にかけて、京坂と江戸の両所で活躍。合理性に富んだ作風で、時代物・世話物を独立させる方法を創始。代表作「天満宮菜種御供なたねのごくう」「五大力恋緘こいのふうじめ」「金門五三桐」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

並木五瓶
なみきごへい

歌舞伎(かぶき)作者。4世まである。

初世

(1747―1808)大坂・道修(どしょう)町で劇場関係の仕事をしていた和泉屋(いずみや)の子として生まれる。並木正三(しょうざ)に入門し、並木吾八(五八)の名で浜芝居で修業し大芝居に進出。1777年(安永6)に並木五兵衛と改名、奈河亀輔(ながわかめすけ)とともに人気作者となる。『天満宮菜種御供(てんまんぐうなたねのごくう)』『金門五三桐(きんもんごさんのきり)』『けいせい倭荘子(やまとそうじ)』『思花街客性(おもわくくるわかたぎ)』などの傑作を書く。1793年(寛政5)に五瓶と改名。翌年3世沢村宗十郎(さわむらそうじゅうろう)の推薦で300両という破格の契約金をとって江戸に下る。大坂での旧作を江戸風に脚色し喝采(かっさい)を浴び、『五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)』のほか『隅田春妓女容性(すだのはるげいしゃかたぎ)』『富岡恋山開(とみがおかこいのやまびらき)』と江戸の古式を破り、曽我(そが)二番目の世話狂言に別名題(なだい)をたてて当りをとった。一時帰坂するが江戸で没する。作者としての最盛期は大坂時代にあり、伝奇性の強いスケールの大きな枠組みと贅肉(ぜいにく)を切り落とした文体が共存している点が特色。その簡潔な文体が江戸で新鮮な魅力を発揮し、江戸生まれの初世桜田治助(さくらだじすけ)と並び称された。また江戸座の俳諧師(はいかいし)として『俳諧通言(つうげん)』を残す。[古井戸秀夫]

2世

(1768―1819)江戸の旗本野々山大膳(ののやまだいぜん)の子。初世の門人。前名篠田金治(しのだきんじ)。上方(かみがた)で修業し、江戸で福森久助の助筆をしたあと1818年(文政1)に襲名するが翌年没した。清元(きよもと)『保名(やすな)』の作詞がある。式亭三馬にも師事し葛葉山人(かつようさんじん)などの名で合巻(ごうかん)等も書いた。[古井戸秀夫]

3世

(1790―1855)2世の門人2世篠田金治が1833年(天保4)に襲名。『勧進帳(かんじんちょう)』の作者として名を残す。3世の子並木五柳が4世を併称した。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の並木五瓶の言及

【一番目】より

…三番目,四番目は,後日に特に幕を継ぎ足す場合にのみ用いられた。寛政以後,並木五瓶が二番目を独立させて別の名題をつけることを始めて以来,一番目と二番目とを別々の狂言とすることも行われ,一番目を時代物,二番目を世話物というようになった。明治以後時代の変化に応じて狂言の種類が複雑になり,東京では一番目,中幕,二番目,大切(おおぎり)という,並列式の狂言立てが行われるようになった。…

【歌舞伎】より

…江戸の文化全般が,〈天明調〉からしだいに移り変わろうとしていた。これを象徴的に物語るのが,上方作者初世並木五瓶(ごへい)の江戸下りである。五瓶は生粋の上方作者で,写生的・合理的な構成,テンポのある筋の運び,人物の性格描写などに作風の特色を持っていた。…

【金門五山桐】より

…1778年(安永7)4月大坂小川吉太郎座(角の芝居)で初演。初世並木五瓶(当時五兵衛)作。1800年(寛政12)江戸で初演の際《楼門五山桐(さんもんごさんのきり)》と改題。…

【隅田春妓女容性】より

…通称《梅の由兵衛》。並木五瓶作。1796年(寛政8)1月江戸桐座初演。…

【船遊亭扇橋】より

…(2)2代(1786(天明6)‐?) 旗本野々山大膳の次男。放蕩の末,狂言作者の初世並木五瓶(ごへい)に入門して篠田金治を経て2世五瓶を襲名。落語では音曲の分野で活躍し扇蔵(せんぞう)から扇橋となった。…

【天満宮菜種御供】より

…外題脇に記す,菅原道真の〈八百七十五年忌〉に当たる1777年(安永6)4月,大坂小川吉太郎座(角の芝居)初演。並木五瓶,中邑阿契,辰岡万作ほかの作。配役は菅丞相・武部源蔵を初世尾上菊五郎,伯母覚寿・左大臣時平を初世嵐雛助,土師ノ兵衛・白太夫・法性坊・紀ノ長谷雄を初世三枡大五郎,宿禰太郎・舎人造酒王丸を小川吉太郎,松月尼・腰元十六夜・源蔵女房戸浪を初世沢村国太郎,斎世親王を沢村千鳥,判官代輝国を藤川柳蔵,蘭の中将・春藤玄蕃を三枡松五郎,三善清貫・白太夫伜荒藤太を2世三枡他人,左中弁希世を坂東岩五郎,白太夫娘小磯・紅梅姫を山科甚吉,宿禰女房小桜・長谷雄女房渚を初世三枡徳治郎,菅秀才を尾上丑之助など。…

【富岡恋山開】より

…通称《二人(ににん)新兵衛》。初世並木五瓶作。1798年(寛政10)正月,《着衣始小袖曾我(きそはじめこそでそが)》の二番目世話狂言として江戸桐座で初演。…

※「並木五瓶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

並木五瓶の関連キーワード近松徳三(近松徳叟)沢村宗十郎(3世)沢村宗十郎(3代)篠田金治(2代)篠田金治(3代)並木五瓶(2代)並木五瓶(4代)並木正三(2代)並木五瓶(3代)篠田金治(初代)並木正三一代噺けいせい倭荘子おまん源五兵衛小万/源五兵衛漢人韓文手管始韓人漢文手管始田宮坊太郎富岡恋山開船遊亭扇橋杜若艶色紫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android